• サイバー犯罪などの報道を目にする機会が増えた。漠然とした不安を感じる
  • 取引先からサイバーセキュリティ対策を行うよう要請を受けたが、何をどこまでやればいいのかわからない
  • コロナ禍で急速にリモートワークを進めたものの、セキュリティ対策にまで手が回っていない
  • デリバリーの注文受付やECショップなどを始めたが、セキュリティは大丈夫なんだろうか?

「ミハルとマモル」は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が定める「サイバーセキュリティお助け隊サービス」のサービス基準を充足するものとして認定を受けています。

EDR監視運用「ミハルとマモル」サービス概要

「ミハルとマモル」は、標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃からパソコンなどの端末を守るための監視・運用サービスです。

※EDR:Endpoint Detection and Response(端末機器での検出と対応)

料金

初期費用(税込)

導入台数 お客様 リモート オンサイト
1-100台 38,500円 77,000円 121,000円
※一部離島は個別見積
101台以上 個別見積

セルフ:お客様ご自身でインストール作業を実施して頂きます
サポート:オンラインでお客様のインストール作業を支援します
おまかせ:技術者を派遣してインストール作業を代行します

月額費用

導入台数単価価格例
1-20台2,200円/台20台で44,000円
21台以降-50台まで1,980円/台50台で103,400円
51台以降-100台まで1,760円/台100台で191,400円
100台以上1,540円/台200台で345,400円

提供サービス内容

当社指定のEDRソフトウェア(Sophos Intercept X Advanced with EDR)によるリモート監視、DH Dashboardを通じたレポート提供、サイバーインシデント発生時に問題除去、対応支援(※サイバー保険の補償範囲内)

サイバー保険

年間上限200万円の費用補償が付帯しています。
事故対応特別費用(調査/対応/事態収拾/復旧/再発防止)、サイバーインシデント対応費用(初動/早期発見・早期復旧)をカバー。

備考

最低利用期間を12ヶ月とさせて頂きます。最低利用期間内の解約について返金は行いませんのでご了承ください。
毎月21日の新規利用アカウント数に対する課金となります。

ご契約の流れ

サービス約款をご確認いただいた上で、サービス利用申込書兼環境調査書にご記入の上、ご提出ください。

ご提出いただいたお申し込み内容を確認の上、導入に向けた必要事項の確認を行わせて頂きます。

当社指定ソフトウェアのインストール作業について、お客様にて実施していただくか、有償による導入支援サービス(オンライン又はオンサイト)をご利用ください。

・インストール完了後、対象端末を24時間365日リモート監視します。
・DH Dashboardを通じて月次レポート等の確認や問い合わせメッセージ送付機能を提供します。
・サイバーインシデント発生時に問題除去、対応支援を行います。

よくある質問

Q.既にアンチウィルスソフトをインストールしていますが、これでは対策として不十分ということですか。
A.はい。一般的なアンチウィルスソフトは、既知のウィルスに対しては有効ですが、日々変化する攻撃に対して常に安全というわけではありません。
また、従業員が不適切なウェブサイトにアクセスしたりフリーソフトをインストールしたりする行為を防ぐこともできません。
本サービスでは、専用のソフトウェアをインストールして技術者が遠隔監視することにより、マルウェアに感染するリスクがある従業員の行為を未然に防ぐことが出来るほか、道のマルウェアが起動した場合でも即座に隔離・除去を行うことが可能です。
加えて、万が一サイバー攻撃を防ぎきれなかった場合でも、問題を除去し、復旧に向けた支援を無償で受けることができます。
Q.アンチウィルスソフトと本サービスの併用は可能ですか。
いいえ。既存のアンチウィルスソフトが遠隔監視のソフトウェアと競合した場合に機能を発揮できないおそれがあることから、アンチウィルスソフトをアンインストールした上で指定のEDRソフトウェアをインストールして頂くことになります。
本サービスは、一般的なアンチウィルスソフトの機能もカバーしていますので、ご安心ください。
Q.UTM(統合型脅威監視装置)を設置していますが、これでは不十分ですか。
UTMの機能にもよりますが、装置をすり抜けて端末がサイバー攻撃を受けるリスクがあることから本サービスとの併用を推奨します。
特にリモートワーク等により社外のインターネット回線等を利用して業務を行う機会も増えており、この場合はUTMでは脅威を除去できません。
Q.本サービスを契約すれば完全な対策を講じたと言えますか。
サイバー攻撃は日々進化しているため、全ての脅威から完全に守ることを保障するサービスは存在しません。
しかし、多くの企業が十分な対策を行うことができていない現状において、本サービスを契約し「サイバーセキュリティお助け隊サービス」のロゴを掲示することは、他社との差別化に繋がります。
契約して終わりではなく、契約したことをきっかけにしっかりとサイバーセキュリティについて考え、自社の状況に応じた適切な対策を強化していく姿勢が重要です。
Q.必ず自社の全ての端末にインストールしなければなりませんか。
まずは主要な端末のみに導入することで一定のセキュリティを確保することは可能です。ただし、インシデント初動が遅れて被害が拡大するリスクがあります。
どの範囲に導入すべきかはお申し込み時に調整させて頂きます。