Microsoft Internet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2019-1367)

2019年9月23日(米国時間)、マイクロソフトから Microsoft Internet Explorerの脆弱性 (CVE-2019-1367) に関するセキュリティ更新プログラムが公開されました。本情報には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれています。脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行される恐れがあります。マイクロソフトによると、本脆弱性の悪用を確認しているとのことです。

脆弱性の詳細は、次の URL を参照してください。

マイクロソフト株式会社
CVE-2019-1367 | スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance/advisory/CVE-2019-1367

IPA 情報処理推進機構
Microsoft Internet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2019-1367)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20190924-ms.html