OpenSSL の脆弱性 (CVE-2020-1967) に関する注意喚起

2020年4月21日 (米国時間)、OpenSSL Project から OpenSSL の脆弱性 (CVE-2020-1967) に関するアップデート情報が公開されました。
公開された情報によると、OpenSSL には、TLS 拡張「signature_algorithms_cert」の誤った処理により NULL ポインタ参照が発生する脆弱性があり、
悪用されると、OpenSSLを実行しているサーバおよびクライアントアプリケーションにおいて、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃が行われる可能性があります。

脆弱性の詳細については、OpenSSL Project の情報を確認してください。

OpenSSL Project
OpenSSL Security Advisory [21 April 2020]
https://www.openssl.org/news/secadv/20200421.txt